黒鍵に慣れよう!

公開日: : 最終更新日:2014/08/14 ピアノの練習 , , ,

黒鍵も弾こう!

芦屋市 ピアノ教室「カノンピアノ」のブログをお読みくださって、ありがとうございます。

導入、初歩から、ピアノの黒鍵に慣れるために、「カノンピアノ」では、黒鍵に慣れるための練習を、小さな生徒さんにもしています。

大体の導入のテキストは、白鍵ばかりで、楽譜が書かれていますが、指の練習も兼ねて、少し指が慣れてきたら、始めています。

初めから上手に弾ける生徒さんは、たくさんいらっしゃいますから、早く慣れるためにも、この練習は欠かせません。

けれども、1番大切なことは、やはりどの時期から始めるか?・・ですね。

勿論、生徒さんによって、指が出来上がってくる速度は違いますから、指の止まり具合を判断することは、大切です。

白鍵だけでは・・

バイエルのテキストは、かなり良く出来たテキストですが、ほとんどがハ長調で書かれているために、なかなか黒鍵の練習が出来ません。

いずれ出てくる黒鍵のための予備練習は、白鍵から黒鍵に上がる時の指を運ぶ練習や、黒鍵から白鍵に下りる時の指先や指を動かす練習等に、結構、後で成果を発揮してくれます。

長調だけでなく、短調もやってみると、音の幅も広がり、音の感覚にも敏感になります。

又両手を同じ音だけにしないで、半進行も取り入れています。

かなり指が出来ている生徒さんには、黒鍵も含めた和音の練習にも、トライして頂きます。

絶対音感トレーニングと一緒に

導入の方には、絶対音感トレーニングも取り入れていますので、上手にリンクが出来ると、色々な意味で、耳、指、脳、反射神経のトレーニングも兼ねられます。

今は良いテキストがたくさん出ていますが、これはテキスト無しで出来るので、有意義な練習方法だと考えています。

親指が上手くくぐれるようになったら、すぐにスケールの練習にも入れるので、お勧め致します。

何しろピアノは、88鍵もあるので、もたもたしていたら、弾き切れないですね。

趣味でピアノを弾かれる方も、指のトレーニングに如何でしょう!

子供って、結構柔軟性があるので、一つだけの固定に留まらず、色々な角度から、ピアノにアプローチすると良いと思っています。

関連記事

母娘 手つなぎ

働くお母さんたち

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 私のピアノ教室には、 お仕事を持たれたお母様方がた

記事を読む

修学旅行

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 この時期、小学校6年生、中学校3年生は修学旅行で 、ピ

記事を読む

スタンウェイのファイル

秋のコンサート

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年の秋に「一緒にピアノを弾こう!」と友人から

記事を読む

ツェルニー30番

30番ツェルニーに入る前に

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 30番ツェルニーに入る前に、どのようなテキストを使うかは

記事を読む

bach

バッハの和声感

大切な和声感 バッハのインベンション、シンフォニアは、バッハが自分の子供の、ピアノの練習用に書いた

記事を読む

no image

音階の指の運び方

大切な音階の練習 5本の指がキレイに動くようになったら、いよいよ指をくぐる、音階の練習が始まります

記事を読む

no image

発達障害とピアノ ②

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 「発達障害」の事を知れば知るほど、 グレーゾーンの

記事を読む

ピアノ連弾

ピアノの発表会の準備

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 12月のクリスマスの頃に発表会を開催致します。 「カノ

記事を読む

no image

ピアノ副科の楽器

電子ピアノ ピアノ副科の方で、新しく習われようとされる方で、良くこんな質問があります。 「ピ

記事を読む

スタンウェイ

音楽づくり

絶対音感・耳コピーの弊害 中学1年生のピアノの生徒さんは、とても優れた絶対音感を持っています。私が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑