1の指(親指)の使い方

公開日: : 最終更新日:2014/08/16 ピアノの練習 , ,

ウォーミングアップ

梅雨に入ったはずなのに、全く雨が降らず、芦屋川は水が流れていない日々です。少し、雨に期待してしまいますね。

今日のピアノのレッスンは、小さい生徒さんの、1の指の使い方の練習でした。もうすぐ、「1の指のくぐる練習」が始まるので、ウォーミングアップを兼ねて、やってみました。1の指の指先の使い方を間違えると、後で生徒さん本人がとても困るので、1の指のくぐる練習前に、必ずウォーミングアップをしておきます。楽譜を見ながらすると、崩れ易いので、楽譜を見る前に、指を見ながら、練習しておきましょう。1番始めのレッスンで、1の指の大切さはお伝えしてありますが、次は使い方をシッカリお伝えします。

キレイな指の形で!

最初から、毎日練習をしている生徒さんなので、無理なくキレイな指の形で、くぐる事ができました。

次に1の指でピアノの鍵盤を押さえて、1の指にあとの4本の指をかぶせる練習をして、今日の1の指のウォーミングアップは終わりました。

そのあとで、お家で練習したものを、見せて頂きました。良く練習してあり、その中で1番難しい曲を、次までの暗譜にしました。「大丈夫。出来る!」と言ってくれましたが、「出来なかった時は言ってね。」と伝えました。1週間で出来るものもあれば、2週間かけて出来るものもありますので、焦らず取り組んで欲しいと思っています。

大切なお母様の見守り

この生徒さんのお母様は、お子さんを見守る、と云う方ですので、決してお子さんに無理なことはおっしゃらないようです。それが、お子さんがのびのびと練習出来る、秘訣のような気がします。前に私が「この曲はもう1週間弾いて来てね。」と言ったら、涙ぐんだ生徒さんがいらっしゃいました。お母様から、終わって来るように言われたそうです。それも、親心。その時には、レッスンノートに、「指の練習になるから、今日は弾けていましたが、もう1週間弾いて下さい。」と書きました。次の週には、楽々と弾けましたから、無理をすることはありません。

1の指のウォーミングアップを、今日の生徒さんの宿題にしました。いつも持ってきてくださる、5線紙のノートに書いてお渡ししました。スムーズに出来ると、次に楽に進めますね。その後の、絶対音感トレーニングも楽しんで、受けてくれました。

小さなお子さんって、無限の可能性があって、ピアノのレッスンは、とても私も、楽しませて頂いています。

関連記事

ピアノ

ようこそ、体験レッスンへ!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 「カノンピアノ」ピアノ教室にお越しいただきまして、ありが

記事を読む

凛太郎君1

初めての発表会

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノを始めて1年と少しの生徒さん、 譜読みが早く

記事を読む

発表会の曲選び

発表会の選曲

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年の夏休みも、発表会を兵庫県立芸術文化センターの小

記事を読む

速い曲

速い曲、遅い曲の練習

速い練習だけでは。 譜読みが済んで(譜読みと同時に暗譜することをお勧めしますが・・)、暗譜と同時進

記事を読む

知恵ちゃん

楽しんでピアノ🎹

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 この5月の連休明けからピアノを始めた小学校1年生の方

記事を読む

レッスンノート

生徒さんを知る事

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノのレッスンをするうえで、 「生徒さんを良く知

記事を読む

赤ちゃん抱っこ

赤ちゃんを抱っこして

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年の1月からピアノを練習している年少のMちゃん、両手に

記事を読む

no image

ピアノも!遊びも!勉強も!

ピアノの練習は時間がかかる ピアノって、ピアノの進度が進めば進むほど、練習時間が必要になります。以

記事を読む

レッスン室

1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノのレッスンを始めると、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月と

記事を読む

コードでピアノを弾こう!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 小学校1年生から1年間でバイエルが終了する生徒さん、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑