叙情小曲集

公開日: : 最終更新日:2014/06/25 ピアノの練習 , ,

ブログのつながりで・・

最近、私がブログを書くようになった関係で、沢山の方々とブログでつながりができ、他の方々のブログを拝見する機会が多くなりました。その中でギロックの叙情小曲集のことを書いていらっしゃる方があり、急に大学勤務の時の事を、思い出しました。私の住む芦屋から2時間半!さすがに遠い大学でしたが・・

ギロック

私はこの曲集を、ピアノの小さい生徒さんに使ったり、音高・音大受験を考え始めた生徒さんのピアノの初見奏に使ったりしていました。大学勤務の頃、副科の生徒さんにも使ったりして、この曲集を自分も良く弾いていました。 この曲集は、バッハやショパンの曲集のように、全調で書かれていて、調のイメージの勉強や、ピアノの両手の練習に、とても役立ちました。CDを出したいと思った時期もありましたが、なかなかタイミングが合わず、叶いませんでした。 忘れかけていた曲集を思い出し、又楽譜棚から取り出して、ピアノで弾いてみました。懐かしいと同時に、又あの頃のように、弾いてみたくなりました。

曲の標題

このような曲集には、標題がついていますが、必ずしも自分自身のイメージと同じわけではありません。標題を大切に理解しつつも、自分の気持ちに沿って弾くと良いですね。それも自分自身の表現だと思うからです。イメージを持たない生徒さんは、標題を自分で理解して弾けば良いと思います。でも、イメージがある生徒さんには、その感覚を大切に育てて欲しいと思っています。皆が同じ音楽になるのでは無く、その時代のスタイルを守った上で弾けるなら、それが一番良いことだと考えています。

自分を出して!

自己を表現する事が、日本人は下手だと良く言われますが、下手なのではなく、それを許さない社会習慣があるように思います。音楽の中、ピアノの中では、自分をもっと出して、意欲的に表現する自由があります。楽しくエキサイティングに!静かに心に染み入るように!自由にピアノを弾いていきましょう。 話が大きく反れました。ギロックを弾きながら、この曲集を愛する一人として、生徒さん達にも又、これから紹介していきたいと思っています。

関連記事

bach

バッハの和声感

大切な和声感 バッハのインベンション、シンフォニアは、バッハが自分の子供の、ピアノの練習用に書いた

記事を読む

茨木教室クリスマスコンサート

桐朋・茨木教室のクリスマスコンサート

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今日は 桐朋・茨木教室のクリスマスコンサートでした

記事を読む

音脳②

ピアノの練習で育む音脳とは②

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 前回はピアノを毎日弾くことで養われる、基本的な音脳に

記事を読む

バイエル

レッスンが始まります

今日、5日からレッスンが始まります。 今年はR君のレッスンからスタート致します。 皆さん、2

記事を読む

no image

父の「月光」

大人のピアノ ピアノが大人になっても弾ける理由は、私の父に、原点があります。 父はピアノを弾

記事を読む

ピアノ 黒鍵

黒鍵に慣れよう!

黒鍵も弾こう! 芦屋市 ピアノ教室「カノンピアノ」のブログをお読みくださって、ありがとうございます

記事を読む

メトロノーム

メトロノームの大切な練習

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 皆様はピアノの練習の時に、 メトロノームをお

記事を読む

ピアノ体験レッスン

体験レッスンにようこそ!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 体験レッスン(大人の方) 先週は大人の方が、今週は年少

記事を読む

知恵ちゃん

ピアノは導入から両手で!

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 「カノンピアノ」では、片手ずつの練習のあと、両

記事を読む

ピアノを弾く子供

「先生が好き」

指導は厳しく、心の声を聞きながら・・ 小学生の生徒さんが「先生が好き」だと言ってくれました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑