指の筋力トレーニング

公開日: : 最終更新日:2014/08/16 ピアノの練習 ,

脱力するには!

ピアノを弾く時に、大切なことは、力を抜くことです。つまり脱力です。しかし、脱力をして、キレイな音でピアノを弾くには、手の骨格と、手の筋力がついていることが必要です。手の骨格や指の大きさは、自分ではどうしようもなら無いことですが、筋力は練習によって、次第についていくものです。でも、この練習は、余り面白くないんですね。例えばハノンなどですが、面白くないと、練習をしなくなりますから、この練習を、どのように組み立てるかが、大切なことだと、考えています。

私の「カノンピアノ」教室では、小さな生徒さん用のハノンを使っています。練習していたら、自然に筋力がついていた!・・と云うのが一番良いと思っています。ハノンも1オクターブだけで良い週と、2オクターブ弾いてくる週を作ったりして、決して無理せず、短時間でも毎日弾ける、曲数にしています。たくさんの宿題があって、練習が嫌になるよりも、コンパクトな練習で成果を上げていけるように、生徒さんとも相談しながら、進めています。

楽しい筋力エクササイズ

又、導入時期には、たくさんの曲を練習してくるのは、無理な事がありますので、「メトードローズ」や小さな生徒さん用の「ハノン」を使って、指の練習をして頂きます。絶対音感トレーニングと一緒にしていますので、楽しくエクササイズ出来るように、心がけています。「ブルグミューラー」に入ると、指の練習は「ピアノのテクニック」につなげていきます。オクターブの間の練習ですが、色々なリズムが、わかりやすく書かれていて、先の読譜にもつながりますし、大切な、指の筋力アップにもなります。ピアノを弾くための、指の条件が揃ってきたら、脱力に、ことさら神経を使わなくても、ピアノは弾けるようになります。小さな手の時に、自分の指の力以上の無理をしない事が、大切です。

ピアノはキレイな音で弾く

力でピアノを弾けば、大きな音はしますが、良い音はしません。音質のイイ、音色のキレイな音で、弾くことは大切なことです。それが、本当の音楽だと思うからです。又、ピアノは右手と左手を使い、更にメロディーを弾く手と、伴奏を弾く手など、両手の音を、耳で聴き分けて弾かなければなりません。この作業が、脳に大きな刺激を与えていきます。なんでも弾けばイイ!・・と思うのではなく、キレイな音で、自分が心地よく、もっとピアノを練習しようと、思える指導をしていきたいと、いつも考えています。

お子さんによって、個性はまちまちですから、みんな同じようにはなりませんが、それぞれのお子さんに合った練習方法を見つけることは、私の楽しみの一つです。

関連記事

no image

音階、音色と課題は様々

ハ長調の音階 ハ長調の音階を弾くことは、5本の指を使って弾けるようになった次に、 難しい指の

記事を読む

piano

耳コピーの短所

得意過ぎるのも短所に。 耳コピーが得意な生徒さんのレッスン。 絶対音感を持っているのは勿論の

記事を読む

ABRSM 英国王立検定試験・ABRSM

今年の抱負は?

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年の抱負は・・・? 今年は私が お勧めしているコン

記事を読む

kodomo4sai

4才の手

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 4才の手を、体験レッスンで良く見ます。 勤務する教室の

記事を読む

村上弦一郎

公開レッスン

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 来年度のピアノの公開レッスンのお誘いを受けました。 受

記事を読む

ピアノ発表&クリスマス会

パパも参加!

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年は5月の連休辺りから、また夏休みに入る前と

記事を読む

ソルフェージュの力

兵庫県・芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 私のピアノ教室では、 ピアノのレッスンの後

記事を読む

体験レッスンにようこそ!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 最近、年長さんのお問い合わせを頂いています。 年中

記事を読む

ピアノを弾く手

成長する生徒さんの手

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ピアノを習いに来られた時から、数か月、半年、1年、2年と

記事を読む

ピアノと脳の発達

幼児期に脳を鍛える!

左利きは・・ 左利きのピアノの先生に、色々と質問をしてみました。 やっぱり左利き人の方が、左

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑