ピアノ導入時の注意あれこれ

公開日: : 最終更新日:2014/08/16 ピアノの練習 , ,

芦屋はこんな所です。

今日は夕方から、久しぶりの雨模様。本当に久しぶりで、庭の草木も喜んでいると思います。私は雨の用意さえ出来ていれば、雨は嫌いじゃないんです。あめが降ると、芦屋川の水も流れますし、流れている芦屋川の水を見ているのも、好きですね。芦屋川は天井川です。神戸や芦屋、西宮あたりの川は全てそうです。余談ですが、この阪神間は六甲山からの恵みをうけ、美味しい宮水(お酒になる水)がたくさん湧き出ています。造り酒屋が多い地域です。

私は植物を植えたり、花に水をやったりはとても好きなのですが、夏の水やりの時の蚊だけは、なんとかならないものかと思います。ただでさえ、人がたくさん居ても、私一人が刺される事が多いです。もうすぐ、憂鬱な季節になります。

 

導入時の練習方法

さて肝心なお話です。ピアノが両手になった生徒さんは、楽譜と両手と、両方見たいような時があり、目があちこちにいきます。手が放れる所なら仕方がないのですが、どうしても確認したいみたいです。私は手を見ないで、楽譜だけを見て弾く練習をしていただきます。そのうちに指が色々な事をキャッチして、楽譜を見ながら弾けるようになります。楽譜を見ても、ピアノの鍵盤が見えないわけではないので、感覚も身につけて欲しいと思っています。私は毎週のピアノの練習には、新しい譜読み、暗譜は必ずお家でして頂いています。

 

手を見ないで弾くこと

前に別の先生から移って来られた方は、手を見ないで弾く事ができず、楽譜を見ながらピアノを弾く、初見奏が全く出来ませんでした。その方には、ピアノ初見奏の訓練もしましたので、大変な時間がかかりました。

 

あきらめない

でも脳は日夜、そのような新しいことに応えようとしてくれるので、半年を過ぎた頃から、譜読みが速くなりました。

導入の方には、ピアノの鍵盤を押さえている指より、楽譜の先を見ていくことも、シッカリと教えておかなければなりません。後で困らないように、色々な所に注意して、ピアノのレッスンをしています。

 

指はみんな違う

又、小さい生徒さんは、指もまだ弱いので、無理な力で大きな音を出させたりするのも禁物です。一人一人の指の成長や、やる気になっている時期も見て、それぞれの生徒さんに合った方法で、これからもレッスンを進めていきたいと考えています。1ヶ月もすると、毎日練習している生徒さんは、きれいに5本の指が開いてきますね。

ピアノのレッスンに来られる生徒さんから学ぶことは、たくさんあります。私も日々勉強です。これで良いと云うことは、ないからです。楽しくそれぞれの指の個性や、発達状態を見て、自分に合った方法を見つけて練習しましょう。

関連記事

メトロノーム

メトロノームの大切な練習

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 皆様はピアノの練習の時に、 メトロノームをお

記事を読む

生徒さんノート

冬期講習でできること。

強化レッスン 昨日、私が勤務している、教室の冬期講習が終わりました。 受験生や日頃、ここを強

記事を読む

キーシン

キーシンの祈りの言葉

エフゲニー・キーシン ピアニストのキーシンがめざましい活躍。 アメリカ・ニューヨークのグラン

記事を読む

春休みの無料体験レッスン(お子様)

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 お彼岸にお墓とお寺に出かけました。 暖かい日で、うぐい

記事を読む

母娘 手つなぎ

働くお母さんたち

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 私のピアノ教室には、 お仕事を持たれたお母様方がた

記事を読む

脳

習い事の王道「なぜピアノを習うの?」その2

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 昨日の澤口先生のインタビューの続きです。 大事な

記事を読む

ピアノで遊ぶ

大人の方へ

芦屋市ピアノ教室「カノンピアノ」です。 現在、大人の方の体験レッスンのお申し込みを頂いておりますが

記事を読む

母校の校舎との別れ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 私が学生時代を過ごした桐朋学園、 母校の取り壊しが

記事を読む

体験レッスン

ようこそ、体験レッスンへ

体験レッスンに来てくださいました。 今年もあと1日になりました。 体験レッスンに来て下さった

記事を読む

ピアノ・ドビュッシー

関西桐朋会・ミニコンサート

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 私の所属する 関西桐朋会では、 毎年の総会のあと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑