楽譜を見たら、書いてみよう!

公開日: : 最終更新日:2014/06/02 レッスン ,

私の「カノンピアノ」教室では、導入の時に、見て弾いた楽譜を、少し書いたりしています。書くと、見るだけより、よりハッキリと音符がどうなっているのか!、音符の場所はどこなのか!、がわかります。
ト音記号を書くのは難しいと大人には思えますが、子供は意外と私の考えを裏切って、上手に書いてくれます。又、普段の学校の勉強とは違うからか、嬉々として書いてくれるのが、とても楽しみです。
絶対音感トレーニングも、わかり始めると、聞いていないものまで答えはじめ、楽しくレッスンが進みます。
子供の楽しみ、興味はどこにあるかわかりませんから、それを上手く見つけて、楽しい絶対音感トレーニング、ピアノレッスンにつなげていけるように、心がけています。興味をもったり、楽しめる事が、ピアノを弾く上で、一番大切な事だと思います。
私は導入の生徒さんには、1年間、レッスンノートをつけてもらっています。「何をしたのか?」、がわかる上に、「毎日練習できたのか?」、もわかります。
生徒さんの励みにもなりますが、お母様の楽しい記録や反省にもなられるようで、弾けない日があると、生徒さんよりお母様の方が残念に思われる事があるようです。
そんなつもりは全くないのですが、やはり例え10分でも練習する癖をつけて欲しいからです。『継続は力』と良く言われますが、『毎日同じと思われる事を、欠かさずする』ことも、同じ力だと考えています。誰にでも出来る事ではありませんが、だから尊い事だと思います。
小さい時から続けていれば、いずれ勉強の助けにもなると思います。楽しむ事と、続ける事、一緒に頑張っていきましょう!

関連記事

4歳半から6歳までのお子さまをお持ちの方へ

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 子どもにはそれぞれの期間に、 タイムリミットがあり

記事を読む

モーツァルトd-moll

弾きたい曲!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 レッスン中に生徒さんが 「小さい時から弾きたい曲が

記事を読む

ピアノ伴奏

弾いてきました🎹

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 先日、桐朋の子ども教室「茨木教室」で ヴァイ

記事を読む

no image

音階、音色と課題は様々

ハ長調の音階 ハ長調の音階を弾くことは、5本の指を使って弾けるようになった次に、 難しい指の

記事を読む

ピアノの曲に変身

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 10ヶ月程、通って下さった生徒さんが、 「おもちゃ

記事を読む

美しい姿勢

ピアノを弾くときの脱力 ボディーマッピング①

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今回から少しシリーズにして、アレクサンダー・テクニッ

記事を読む

仲道郁代公開レッスン

ピアノ公開レッスン

  芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 5月22日(日)に桐朋学園附属子

記事を読む

紙飛行機

待ち時間には。

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 ご兄弟で来て下さる生徒さん、お兄さんを待っている弟さ

記事を読む

ステージマナー ピアノ

ピアノ コンサートのステージマナー

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 最近新人のコンサートや知人の発表会に伺って、 一番

記事を読む

ピアノのレッスン室の温度計「ガリレオ」

発想の豊かさ

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 生徒さんの発想力には時々驚かされます。 ピアノの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑