ピアノの練習で育む「音脳」とは①

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。

小学校1年生からレッスンに来て下さっている生徒さん、

絶対音感トレーニングには遅かったのですが、

導入の方でしたので、ダメでもやってみよう!・・と思って、やってみました。

なかなか苦しいものがありましたが、

それでも、

「ド」の音を自分で上手に探してこられる力が付きました。

何でもやってみるべきですね。

3月で2年間が終わり、進むのが速いです。

「絶対音感」とは別に「音脳」と云う言葉があります。

ピアノを弾くと云う音楽教育を通して

「運動脳の発達」「人格の成長」や「心の発達」

を促進させて、

「心」と「身体」、そして「人格」を豊かに形成させていく

ことです。

ピアノを弾くには、楽譜を読み、左手と右手を同時に違った動きで演奏しなければなりません。

そのために、小さな生徒さんの脳は、全神経を集中させています。

「速く指を動かす」「楽譜の先を読む」「暗譜をする」など、

「即時反応」「拍感」「リズム感」「ハーモニー感」「フレーズ感」「音感」を育む練習です。

難しいと思える課題ですが、

小さな時から始めていると、それが自然に身に付いています。

なにより素晴らしいのは、

毎日ピアノを弾くことで、自分の中で弾く時間を計画

出来ると云う事です。

それは、学校の勉強を毎日積み重ねることにも、大いに役に立ってきます。

「音脳」は

毎日ピアノを弾くことで養われていきますから、

絶対音感トレーニングとは違って、生徒さん自身が、

毎日練習する努力をすれば、必ず身に付くものです。

いつから始めても、「音脳」は自分自身を強くしてくれます。

 

芦屋市 ピアノ教室「カノンピアノ」

http://canonpiano.com

「カノンピアノ」 日常のあれこれ ブログ

http://ameblo.jp/canonpianoyabashi/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

カノンピアノ教室

無料体験レッスン大好評受付中

〒659-0074 芦屋市平田町1-29

080-2441-8054

レッスン室 スタンウェイピアノ

 

関連記事

練習帳

ピアニストの毎日の基礎練習帳

毎日の練習とは 岩崎淑先生が書かれた「ピアニストの毎日の基礎練習帳」を最近、読んでいます。

記事を読む

no image

指の筋力トレーニング

脱力するには! ピアノを弾く時に、大切なことは、力を抜くことです。つまり脱力です。しかし、脱力をし

記事を読む

グーグル

ネットの憂鬱

ウォークマンを購入しました。 クラシックの曲を入れたいと思い、 娘にくっついてTSUTAYAの行

記事を読む

生徒さんノート

冬期講習でできること。

強化レッスン 昨日、私が勤務している、教室の冬期講習が終わりました。 受験生や日頃、ここを強

記事を読む

英国王立検定の楽典

英国王立検定の楽典を始めました。

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 来年の英国王立検定の楽典に備えて、グレード2の楽典

記事を読む

カイロと手袋

冬期講習が終わりました

1月の冬期講習が終わりました。 受験を目の前にしていらっしゃる方や、 日頃苦手に思っていると

記事を読む

えまちゃん 絶対音感トレーニング

年長さんのきれいな楽譜

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 年中さんから来られているEちゃん、 ピアノも

記事を読む

マルセイエーズ

ラ・マルセイエーズ

姿を消すCDショップ シューマン作曲のヴァイオリンの曲、「ふたりのてき弾兵」のピアノ伴奏をすること

記事を読む

新型・コロナウイルス ピアノの除菌

ウイルスから生徒さんを守るために

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 毎年この時期は、インフルエンザから生徒さんを守

記事を読む

きれいな手の形

サクサク譜読み・スラッと暗譜!

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 生徒さんがピアノを始める時、まず指の番号を覚えたり、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑