室内楽の楽しみ 1

公開日: : 最終更新日:2014/05/29 コンサート ,

石井先生との思い出

今、同窓会への記事を書きながら、昨年の室内楽の演奏会の事を、思い出していました。

私の勤務する教室の室長を10年間、務めて下さった、石井志都子先生との思い出です。

音楽教室には弦楽合奏科があります。毎週土曜日、午後6時から、小学校3年生から高校3年生までの生徒さん達が、通ってきます。ヴァイオリンやチェロの生徒さんは、弦楽合奏科で皆と合わせたり、伴奏を弾いてもらって演奏したり、誰かと合わせる機会がありますが、ピアノの生徒さんにはなかなかそのチャンスがありません。

 

ピアノの生徒と室内楽講座

そこで石井先生は、ピアノの生徒さんも、小さい時から室内楽に親しめるように、年に1度、室内楽講座を教室生のために開いて下さいました。私達、ピアノの講師にも、とても勉強になったことは言うまでもありません。

その室内楽講座の集大成に、石井先生は室長を辞められる時に、「みんなでコンサートをしない?」と言って下さいました。滅多に無い機会だから!・・と石井先生を含めて、ヴァイオリンやピアノの曲を決めたり、会場を取ったり、チラシのデザインやプログラムなど、色々な方にお世話になりながら、昨年の7月、神戸芸術センターの「シューマンホール」で開催致しました。教室の先生方のチームワークは日頃から抜群で、本当に良い仲間に恵まれて幸せだと、いつも感謝しています。

 

みんなでコンサート

私は石井先生と、モーツァルトのヴァイオリンソナタ、シュスタコーヴィッチの2つのヴァイオリンとピアノのための5つの小品、それからピアノのデュオでドヴォルザークのスラブ舞曲、サティのジュ・トゥ・ヴー、バーンスタインの「ウエストサイドストーリー」より、アメリカを演奏しました。

ピアノの同僚の先生と、東京のピアノの先生のレッスンにご一緒したりで、とても楽しい日々を過ごしました。石井先生をはじめ、ご一緒した同僚の先生方、石井先生の門下の方々に、今になってもなお、お礼申し上げたいですね。それほど、私にとって、楽しくピアノを弾く日々だったのだと思います。

ピアノデュオも楽しい!

その練習の最中でも、石井先生からは、たくさんのご指摘を受け、勉強になる日々でした。相手の音を聴き、自分の音や主張したい事を築くのは、一人で弾く事に慣れているピアノの方には難しいこともありますが、是非、ピアノの生徒さんにも室内楽の楽しみ、人と合わせて一つの曲を作る楽しみを味わってもらえたら!・・と思います。ピアノはなかなか難しいですが、チャレンジしてみましょう!

デュオでご一緒した先生とは、又機会がありましたら、是非、一緒に弾きたいですね。

 

 

関連記事

ポールと連弾

発表会🎹

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 このホームページを2年前に開設しましてから、生徒さんが1

記事を読む

ヴァイオリンの伴奏

ヴァイオリンの伴奏

オーケストラパートの演奏 ドボルザークの、ヴァイオリン協奏曲の、オーケストラ部分の伴奏をすることに

記事を読む

岩崎淑・洸

ヨーロッパの音楽事情

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 10月27日(火)午後6時半から大阪・梅田で 岩崎

記事を読む

ひょうごコンサートチラシ

コンサートの準備

震災から20年 私が所属しています、関西桐朋会主催のコンサート、「関西桐朋会コンサートシリーズvo

記事を読む

桐朋学園・子ども教室コンクール

桐朋学園・子供教室のコンクール

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 桐朋学園の子どものための音楽教室が 教室生と外部の生徒

記事を読む

チラシ ピアノ

友人のピアノリサイタル

ピアノリサイタル 先週末、小学校からの同級生で、私の母のお弟子さんの、ピアノのリサイタルに、川西ま

記事を読む

ピアノ コンサート クラシカ

毎日練習! 練習ノート!

兵庫県芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 11月23日(金・祝)に芦屋の「クラシカ」で演奏し

記事を読む

新人演奏会

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 桐朋学園大学を出られた方々の、3月15日(日)の午後

記事を読む

ポロニアコンサート

桐朋(ポロニア)コンサート

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今年ももう、1月の半ばを過ぎました。 そろそろ

記事を読む

ピアノ サロン

ピアノ・コンサートホール

芦屋市のピアノ教室「カノンピアノ」です。 今日は会員制の 芦屋のクラシックホール「クラシカ」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ブログ 音大受験 英国王立音楽検定 音ギャラリー スタインウェイ よくあるご質問 生徒さんの声 マイベストプロ
PAGE TOP ↑